朝日友の会(アサヒメイト)は株式会社朝日販売サービスセンターが運営しています。

スタッフブログ

2022年08月

2022.08.09

兵庫県立美術館「関西の80年代」

「関西の80年代」を開催中の兵庫県立美術館へ行ってきました。連日の暑さに、屋上にいるマスコットの美かえる(ミカエル)もぐったりしています。入り口には「80年代は過去じゃない」と書かれたオブジェがありました。
さて、皆さんは80年代といえば何を思い出しますか?雇用機会均等法、バブル景気…。私は社会人になった頃で、広告の勉強をしていました。ネットもないアナログの時代で、クリエーターたちが熱く語り合い、枠にはまらない表現を模索していました。
展覧会では、第一線で活躍する作家たちの駆け出しの頃の作品が並んでいました。広い空間に絵画やオブジェ。明るい色彩や題材に80年代の雰囲気を感じます。その中でもひときわポップで、不思議ワールド全開だったのが、陶芸家・田嶋悦子さんの「Hip Island」。陶(=焼き物)でできた木の幹や植物に、小さなお尻のような花?が咲いています。田嶋さん曰く、「何物にも囚われず表現したい」という強い想いがあったとか。田嶋さんは現在、陶とガラスを組み合わせた美しい花のオブジェを制作されていますが、今も当時の想いを持ち続けていらっしゃるそうです。
80年代は過去ではありません。作家たちの原点であったり、通過点であったり…今日までつながっています。皆さんもネットで最近の作品を探して、見比べながら鑑賞してみてください。
「関西の80年代」は8月21日(日)まで。朝日友の会会員証提示で2人まで団体料金に割引です。

美術館のマスコット・美かえる

陶芸家・田嶋悦子さんの「Hip Island」

メイトでもご紹介した吉原英里さんの「M氏の部屋」

2022.08.05

7/31(日)サマー・ポップス・コンサート

猛暑?酷暑?とにかく厳しい暑さの中、ザ・シンフォニーホールでは満員のお客様が来場され、「サマー・ポップス・コンサート」が開催されました。
恒例の『ラ・クンパルシータ』に始まり、前半はポール・モーリア特集。「ひきしお」「エーゲ海の真珠」「オリーブの首飾り」「恋は水色」と美しく懐かしい曲に続き、名作映画「ひまわり」の映像が浮かぶ壮大なテーマ曲に続き、カラオケの十八番という方も多いのではという「マイウェイ」で大きな盛り上がりで前半は終了しました。
後半は、リズミカルな映画音楽「ミッション・インポッシブル」「007メドレー」に「ルパン三世のテーマ」が続き、ここでクラシック曲、エルガー『「エニグマ変奏曲」より“ニムロット”』、最後は盛大な盛り上がりの「宇宙戦艦ヤマト」で締めくくられました。そして本当の最後の曲はアンコール、毎回お馴染みのノリの良い「キャリオカ」。指揮者藤岡幸夫さんが何度も口にされましたが、クラシックを好きになってほしいという願いの元に始められたという「サマー・ポップス・コンサート」もなんと21回目。安心感のあるお馴染みの曲と新しい曲がいい具合に交じり合う熱量の高い楽しいコンサートとなりました。
このコンサートは毎回朝日放送のアナウンサーが司会をされます。それぞれの個性と藤岡さんの会話と雰囲気が毎回個人的な楽しみのひとつになっています。今回は朝夕の情報番組に出演されご存知の方も多い斎藤真美さんが担当されました。藤岡さんと以前からの馴染みのような息の合ったテンポの良い会話に、さすがと感心しました。来年の司会はどなたかな、どのような会話と雰囲気かな、私のもうひとつの楽しみです。

2022サマー

公演チラシとプログラム

2022.08.02

アサヒメイト7月号プレゼント

チケット類

クラブオフナビと綺麗に包装されたグッズ

アサヒメイト7月号プレゼントの全商品の抽選、発送、発送手配を完了いたしました。
7月号は「国産食材スムージ―セット」「川勝總本家 京の味」と毎回ながら食品人気が高く、
神戸ゆかりの美術館「白洲次郎・白洲正子」、龍谷大学・龍谷ミュージアム「岡山・宗教美術の明宝Ⅲ」、
阪急うめだ本店「さかなクンと秘密のラボ」と3つ展覧会が続き、「レオノーレグッズセット」
「朝日友の会クラブオフ クラブオフナビ2022ダイジェスト」となりました。
今回プレゼントいたしましたグッズを販売している「レオノーレ」は、朝日友の会事務局がある中之島フェスティバルタワー1Fの音楽ギフトグッズ取り扱い店。今回のプレゼント商品は有名音楽家を可愛らしくモチーフにしたファイルとそえぶみ箋、楽譜用ながら読書等でも活用できるページホールドです。他にも音楽関連や音符模様の商品(バッグや傘もあります!)に加え、スワロフスキーの輝くボールペンやギフトカードなどなど豊富な品揃えに心躍るお店です。そして、朝日友の会会員は会員証のご提示で5%割引でお買い物していただけます。
フェスティバルホールへコンサートにお越しになる際や、新しい美術館もオープンした中之島界隈にお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。いろいろと探すのが楽しいですよ。

To top