朝日友の会(アサヒメイト)は株式会社朝日販売サービスセンターが運営しています。

スタッフブログ

2022.09.30

「美術館めぐり」バスツアー「倉敷美観地区と大原美術館を満喫」

台風一過の9月21日、美術館めぐりバスツアーに同行しました。目的地は、岡山県倉敷市にある美観地区。参加者の皆さんは口々に「久しぶりに来た」とおっしゃっていましたが、私も学生時代に訪れてから数十年が経ちます。
大原美術館は、実業家の大原孫三郎が支援した画家・児島虎次郎(1881〜1929)の作品と、彼が海外で収集した西洋絵画や東洋美術のコレクションで有名です。私もかつてエル・グレコやモネ、ゴーギャン、ピサロらの作品に感銘を受けたことを覚えています。
今回再訪して、一番心ひかれたのは児島虎次郎の作品でした。会場入口にあった「和服を着たベルギーの少女」と、3枚の連作「朝顔」。児島は1908年、フランスで印象派が主流だった時代に渡仏します。しばらくしてベルギーへ移動し、ベルギー印象派の画家エミール・クラウスに出会って師と仰ぎ、和服を着た異国の少女たちを描きました。「朝顔」は帰国後に結婚し、手がけた大きな作品。浴衣姿の夫人でしょうか、背丈以上ある棚に手を伸ばして朝顔の世話をしています。柔らかな光を背に、浴衣は風をはらみ、穏やかでやさしい空気に包まれていています。どの作品も幸福感にあふれていて、画家の深い愛情を感じました。
何年か先に再び訪れたら、また違う出会いがあるかもしれない。そんな楽しみを胸に美術館を後にしました。

美観地区・白壁の蔵屋敷とショップやカフェが並ぶ

神殿のような大原美術館正面入口

美術館の庭にはモネ邸から株分けされた睡蓮も

2022.09.27

9/23(金・祝)オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演

今年のアンサンブル金沢大阪定期公演は、9月よりアーティスティック・リーダーに就任された広上淳一さんが指揮、毎年楽しみなソリストは、人気・実力ともに日本を代表する神尾真由子さんという豪華な顔合わせとなりました。
第1部は民族的作品の部というべきラインナップ。哀愁を帯びた導入からハンガリー的な要素を色濃く残したコダーイ「ガランタ舞曲」でスタートし、続くタンゴの革命児ピアソラの「ブエノスアイレスの四季」では神尾さんのすばらしい技巧が遺憾なく発揮され、感嘆しました。ソリストアンコールの「パガニーニ『24のカプリース』より第5番」では、さらなる超絶技巧に感嘆・感動が深まりました。
第2部は、ベートーヴェンがナポレオンに捧げるために書き上げた大作「英雄交響曲」。革命的で雄大な、言わずと知れた古典の王道曲です。アンコールは「ビゼー『アルルの女』」。卓越した音楽性とユニークな力強い指揮で知られるマエストロ広上さんとアンサンブル金沢の創り出す濃密な演奏に時間を忘れて引き込まれ、別世界にループしたような感覚で音楽の醍醐味を存分に味わう演奏会となりました。

チケット・プログラム・パンフレット

2022.09.22

髙島屋大阪店 『追悼 瀬戸内寂聴展』

寂聴さんの書斎再現

酒と肉が大好きで愛に生きた僧侶、寂聴さんを想うと、歴史の授業で習った「白河の清き魚も棲みかねて もとの濁りの田沼恋しき」という狂歌が頭に浮かびます。これは寛政の改革を風刺した歌ですが、寂聴さんの言葉に励まされ癒される人々もまた、濁りなき聖を息苦しく感じ生々しい俗にどこか安らぎを覚えていたのではないでしょうか。
展覧会は全6章で構成されており、第5章「源氏物語の世界」に展示されていた「現代語訳のための決意メモ」と「あの訓戒、全然守れなかった」は、是非はご覧いただきたいです。長い年月をかけた源氏物語の現代語訳に取り組むにあたっての固い決意!かと思いきや…何とも寂聴さんらしく、人間的魅力に溢れています。また、出家得度前にカトリックの洗礼を受けることについて相談したという遠藤周作さんからの手紙はとても心がこもっていて、その交流に温かい気持ちになりました。
『追悼 瀬戸内寂聴展』は大阪店では9/26(月)まで、その後、髙島屋京都店で10/12(水)から10/31(月)まで開催。朝日友の会会員証の提示で無料なります(1人)。

2022.09.16

今年のお月見

こんにちは

気付けばもう9月も半ば…!暑さも少し和らいで、秋らしくなってきました。
先週9月10日の中秋の名月は、皆さまご覧になられたでしょうか??
関西各地はよいお天気で、きれいな満月を見れた方も多かったかと思います
いまはスマートフォンを持たれている方も多いので、きれいに撮影もできますね。
わたしのスマホは古いタイプなので、あまりしっかりは撮れなかったですが

9月の満月は収穫期の農家が、月明かりで収穫を行ったことから、
ハーヴェストムーン(収穫月)とも呼ばれているそうです
収穫の秋といえば、食欲の秋!
秋のおいしい旬の味覚が待ち遠しいです☆
アサヒメイト10月号の通販ページ「アスク通販」でも、
毎年待ち遠しい新米や今がおいしい枝豆、みかんなどの商品を掲載していますので、
ぜひご覧になってください

2022.09.09

阪急うめだ本店 『小松美羽展』

自己と外界に向き合い深く深く探究していくと、このようなエネルギーに溢れた、魂の躍動する世界が見られるのでしょうか。荒々しく、それでいて繊細。描かれた神獣たちは、近寄りがたい「霊性」ではなく、親しみやすく愛らしい「霊性」を湛えていました。
個人的なイチオシ作品は、『宇宙吠え獅子』と「見ざる聞かざる言わざる」ならぬ『悪を見るな-山犬-』『悪を聞くな-山犬-』『悪を言うな-山犬-』の三連作です。『宇宙吠え獅子』は、有田焼の美しい白磁にフワッとした模様と丸いフォルムがたまらない。宇宙に向かって吠えているはずなのですが、玄関に鎮座されていると「おかえり!」と今にも言ってくれそうです。『悪を~』は、清らかな善なる精神の衒いのない表現を広く共有したいと思いました。
作品だけではなく、会場内に展示されている小松美羽さんの言葉も、是非じっくりと読んでいただきたいです。純度の高い魂から紡がれる言葉には、素直に心を打たれます。
『小松美羽展』は9/19(月・祝)まで開催。朝日友の会会員証の提示で100円割引になります(1人)。

『宇宙吠え獅子』

静かな空間で小松ワールドに浸れます

円を描くしっぽの軌道が
「大調和」をイメージしているような??

2022.09.06

アサヒメイト8月号プレゼント

チケット・パズル

ユニフォーム・シューズ

アサヒメイト8月号プレゼントの全商品の抽選、発送、発送手配を完了いたしました。
8月号の1番人気は「元町チーズケーキ」。「京都東急ホテル宿泊券(1泊朝食付)」、食品や招待券以外の人気商品「健康脳パズルセット」が続きました。
その後はまた食品「紀州昆布梅紀の宴カップ500g白箱」、登場するたび人気が高い「アサヒメディカルウォーク」、「オリックスバファローズBs夏の陣2021ユニフォーム」、「リーガロイヤルホテル エコール・ド・ロイヤル 音楽のソムリエが歌と映像で語る!」の順となりました。
ご承知いただいているかと存じますが、応募数順位と当選倍率順位は必ずしも一致しません。今回の当選倍率が高いのは「アサヒメディカルウォークレディス」「京都東急ホテル」「アサヒメディカルウォークメンズ」の順で各々300倍以上、続いて「元町チーズケーキ」は100倍強、応募数3位の「健康脳パズル」は当選者数が50名のため20倍以内にとどまりました。ご応募の際の参考にしていただけると幸いです。
みなさまに人気の高い商品の充実はもちろん、できるだけ多くの会員様に当選の喜びを味わっていただくため、当選倍率が低い(当選しやすい)「健康脳パズル」のような商品も今まで以上に充実できるよう努めたいと思います。

2022.09.01

あべのハルカス美術館 『出版120周年 ピーターラビット™展』おまけ情報

こんにちは
早くも今日から9月突入です!

さて、9月といえば……
あべのハルカス美術館で開催中の
『出版120周年 ピーターラビット™展』が、9月4日(日)までと残り僅かになっています。
このブログでも朝日友の会スタッフが、8月18日にリポートをアップしていました
今回はグッズの一部をご紹介します

ぬいぐるみや日用品、お菓子まで様々なグッズが現地で購入できます。
その中でも現地でできるガチャガチャは、何がでるかわからないお楽しみ感満載でついまわしてしまいます
こちらは、スタッフが来場した取引先の方にいただいたもの。
ピーターのおとうさんです
ほかにも種類があるので、お目当てのフィギュアがでるまで、まわしてしまう人もいるかもですね
一度訪れた方も、まだ観られていない方も、ぜひ足をお運びください

朝日友の会会員証の提示で半額に割引になります(1人、同伴1人を団体料金に割引)。

2022.08.30

神戸市立小磯記念美術館 『秘蔵の小磯良平-武田薬品コレクションから』

緑豊かな六甲アイランド公園内にあります

美術館の中庭に移築された自宅兼アトリエ

年も近く、父の代から縁のあった小磯良平と六代目武田長兵衛。戦争で自宅兼アトリエを焼失した小磯に、武田が住吉山手の自宅近くの土地を紹介したことでご近所さんとなり、その後、生涯にわたって親しい交流が続いたそうです。食事や旅行をともにしたり、小磯作品の題材となる舞妓の髪型を様々な角度から写真に収めて制作に協力したり。それほどに深い理解者であった武田長兵衛の、まさに「秘蔵」といえるコレクションでした。
1~3部に分かれており、第1部は油彩の肖像画を中心とした展示です。ここでは作品番号42「婦人像」が印象に残りました。緑色のドレスを着たご婦人なのですが、そのドレスの布地、サテンの質感がありありと伝わってきます。
2部以降では、数々の薬用植物画が展示されています。中でも今回のお気に入りは、作品番号128「ワタ」です。ほとんどの作品が繊細な線描で表現される中、真っ白な綿の果実がフワフワと可愛らしく、42「婦人像」同様にその手触りを視覚から感じ取ることができます。もう1点は作品番号160「シャクヤク」。ここで展示されている植物画は『武田薬報』の表紙画として描かれたものですから、花、実、葉、茎だけでなく、地中に埋まっている「根」を強調して描かれているものが多くありました。特にそれが印象に残ったのが「シャクヤク」です。芍薬というと艶やかで優美な花の代表格ですが、薬用植物として描かれる芍薬は、ただ美しいだけではありません!と主張しているようでした。
『秘蔵の小磯良平-武田薬品コレクションから』は9/25(日)まで開催。朝日友の会会員証の提示で200円引きになります(5人まで)。

2022.08.26

神戸ゆかりの美術館「白洲次郎・白洲正子」

昭和の激動の時代を生きた白洲次郎と正子。今も多くのファンを持つ2人の展覧会が、神戸ゆかりの美術館で開催されています。会場はそれぞれの生い立ちに始まり、結婚前に交わした書簡、趣味や仕事、そして武相荘(自宅)での暮らしぶりまで、いくつかの章に分けて紹介されています。
私が興味をひかれたのは、正子と装丁家・青山二郎との手紙のやり取り。骨董好きの正子が師と仰いだ青山は辛口な評論で知られ、正子からの手紙にも「面白くない、簡潔に上手に書くように」と返事をしています。当時、青山や小林秀雄、大岡昇平らは夜な夜な集まって、骨董や美の本質について論じていました。銀座で工芸の店を開いていた正子も割り込んで参加するのですが、お酒と不規則な生活に何度も胃潰瘍になり、入院することもあったとか。夫の次郎は反対しなかったのか?と思いますが、互いを尊重し、領域には踏み込まなかったようです。好きなことには真っ直ぐな、似た者同士だからでしょうか。そういうわけで、会場には正子が集めた古伊万里の器をはじめ、高名な作家たちの作品がずらりと並んでいます。
ほかにも正子愛用の着物や西国巡礼の取材メモ、次郎の愛用品や戦後日本政府の代表としてGHQと交渉した際の書類など、貴重な品々が展示されています。2人が何に情熱を注ぎ、どう生きたのかをぜひ会場で体感してください。
「白洲次郎・白洲正子」展は9月25日(日)まで。朝日友の会会員証提示で4人まで団体料金に割引です。

2022.08.23

なでなでねこちゃんDX2

朝日友の会事務局に、アサヒメイト8月号アスク通販ページに掲載の「なでなでねこちゃんDX2」がやってきました!
ワクワクしながら箱を開けると、縞模様の毛並みに黒く丸く輝く瞳のとらちゃん。
愛らしい瞳に見つめられると、つい触りたくなります。柔らかく滑らかな何とも言えない感触で、触っているうちにこちらの体に入っていた力が抜けていきます。そして、また触りたくなります。触る部分によって違う鳴き声、何回もなでると甘えた声で鳴いたり、寝息をたてたり、時には気まぐれさを発揮して思いがけない声で鳴くこともあります。しっぽを触って、フーッと怒らせることもありますが、それも可愛い。小さなとらちゃんが、社内では大きな癒しになっています。
触れば触るほど愛着が湧いてくるなでなでねこちゃん、ほかには「みけちゃん」「アメショーちゃん(アメリカンショートヘアーの略)」がいます。癒しのねこちゃん、みなさまのお宅にもいかがですか?

とらちゃん

癒されます

To top