朝日友の会(アサヒメイト)は株式会社朝日販売サービスセンターが運営しています。

スタッフブログ

2024.05.16

新歌舞伎座4月公演 『新生!熱血ブラバン少女』

みなさん、素晴らしい発声でした

新歌舞伎座で『新生!熱血ブラバン少女』を観てきました。高校吹奏楽部を舞台にした、ミュージカルじゃないけど生演奏という何とも贅沢な舞台です。以前、小劇団のお芝居を定期的に観に行っていた頃、G2プロデュースやG2演出作品も観ていたので、久しぶりのG2作品を大いに楽しませていただきました。
今回特筆したいのはキャストの区別がしやすかったことです。群像劇で制服物ですから、ともすれば、あれ?この人は誰だっけ?と登場人物がわからなくなってしまうことがあります。そうなると作品に入りこめない。でも本作では一度も「あれ?誰だっけ?」がありませんでした。主要キャストのみなさんは著名な方々なのでそもそも顔を見知っているのですが、仮に知らなかったとしても、区別できたでしょう。それだけ随所に何気ない工夫があったのだと思います。巻き戻せず顔がアップになることもない生の舞台ではとても重要なことです。見終わってから人物やストーリーを咀嚼するストレスが全くなかったことに気づいて、作品の質の高さを実感しました。精華女子高等学校吹奏楽部のみなさんの演奏共々、ひたすら楽しいエンターテイメントの神髄に触れることができました。
また数年後に『更に新生!熱血ブラバン少女』が上演されることを期待したいと思います!

2024.05.14

アサヒメイト4月プレゼント

ご当選されたみなさま、おめでとうございます!!

ご報告が遅れましたが、アサヒメイト4月号プレゼントの全商品の抽選、発送、発送手配を完了いたしました。
今月の人気№1は、他商品を大きく引き離しダントツで「いかなごのくぎ煮」となりました。
「ホテルヒューイット甲子園 レストランギフト券」、久しぶりの登場となった「劇団四季ミュージカル『バケモノの子』」と続き、その後はほとんど変わらない応募数で「ネモフィラ祭り2024入園券」、「兵庫県立美術館ギャラリー棟3階ギャラリー『キース・へリング展』」、「京都文化博物館『松尾大社展』」、「春期京都非公開文化財特別公開拝観券2枚」となりました。
さて、今回チケットプレゼントをさせていただきましたキース・へリングはご存じですか?
アメリカ合衆国のストリート・アートの先駆者ともいえる画家で、明るくポップなキースの作品をプリントしたユニクロやスポルディングのTシャツで広く知られることになりました。「アートはみんなのために」という信念のもと、地下鉄構内やストリートなど日常にアートを拡散させることで、混沌とする社会への強いメッセージを発信しました。31年という短い生涯のうち活動期間は10年ほどですが、社会に潜む暴力や不平等、HIV・エイズに対する偏見と支援不足に対し最後までアートで闘い続けたへリング。今回は6メートルに及ぶ大型作品や日本初公開作品も含む約150点が出品され、へリングのアート(メッセージ)を体感いただく貴重な機会です。
展覧会は6月23日(日)まで。
https://www.artm.pref.hyogo.jp/
入館料 一般2,000円(団体1,800円)、大学・高校生1,200円(同1,000円)、中学・小学生500円(同300円)
朝日友の会会員証で団体料金に割引(2人)

2024.05.09

大丸ミュージアム梅田「ブルーナ絵本展」

3月の京都に続いて、大丸ミュージアム〈梅田〉で「ブルーナ絵本展」が開催中です。連休明けの夕方に行ってきました。
ミッフィー(うさこちゃん)の生みの親として知られるディック・ブルーナさんは、1953年から生涯で120冊を超える絵本を制作しました。今回の主役のひとり、くまの男の子「ボリス(ぼりす)」は、ブルーナさん夫妻が南フランスに滞在した際、森での暮らしを絵本にしたいと思ったのがきっかけだそうです。冒険心にあふれて少しおっちょこちょいなボリス。奥様いわく、ブルーナさんにそっくりなのだとか。ほかにも魅力的なキャラクターがいっぱい(ミッフィーも登場!)。『しらゆきひめ』『あかずきん』など童話の絵本原画もありました。
ブルーナさんの描くキャラクターや背景は、とてもシンプル。愛用の細い筆にインクを浸し、紙の上でゆっくり動かすことで、輪郭線がプルプルとにじみます。「ふるえる線はわたしのハートビート(心臓の鼓動)です」と語るブルーナさん。会場のあちこちにそんな温かいメッセージがあり、ふれるたびに心がときめきます。
展覧会は5月13日(月)まで。朝日友の会会員証提示で1人無料です。

2024.05.07

京都非公開文化財(松尾大社)と松尾大社展

 みなさま、こんにちは
連休も終わってしまいましたが、お出かけにはよい気候の季節は続きます
そんな時期におすすめのお出かけスポットを、ご紹介します

1つ目は現在開催中の、「春期京都非公開文化財特別公開」。
普段みることのできない寺社仏閣のお宝を、特別に拝観できる機会です
その中の1つ、松尾大社(まつのおたいしゃ)では、本殿の外観とお庭を拝観できます。
本殿では神職の案内付きで(しっかりお祓いをしてから外庭に)、柱や屋根の造りや装飾の隅々まで、
丁寧にレクチャーしていただけました。
本殿の屋根は両流造という珍しい形式だそうで、「松尾造」という別名があるほどなのだとか
松風苑の3つのお庭はそれぞれ違った顔をもち、ゆったりお抹茶をいただけるスペースも
また、特別公開ではない箇所でも、お酒の神様を祀る神社らしい、お酒の資料館があったり、
楽しそうなうらない?!があったりしました

2つ目は、その松尾大社の資料を一同に展覧する「松尾大社展」。
松尾大社の歴史が凝縮された展覧会になっています
中でも驚いたのは、大社の裏側にあるかつて神を祀っていた磐座(いわくら)を、
3Dを駆使して具現化したバーチャルシミュレーション映像
現在は立ち入ることのできない松尾山の頂上ですが、まるで磐座の前に立っているかのように感じられる映像美に、
思わず見入ってしまいました
また、古文書や巻物に書かれている注釈のキャッチコピーには、
かつての松尾大社の社会的な立ち位置などがひと文読んだだけでわかる工夫もされており、
堅苦しくなく、大社の歴史に触れることができました。

初夏の風を感じに、ぜひお出かけしてみてください

春期京都非公開文化財特別公開 松尾大社
5月12日(日)まで 9時~15時30分 ※神職の案内は時間が決まっています。詳細はご確認ください。http://www.kobunka.com/tokubetsu/index.html
拝観料 1,000円(大人)

朝日友の会会員証で大人のみ900円に割引(2人)

松尾大社展 京都文化博物館
6月23日(日)まで 月曜休 10時~18時(入場は閉室30分前まで)
https://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_post/20240427-0623/
入場料 一般1,600円(団体1,400円)、大学・高校生1,000円(同800円)、中学・小学生500円(同300円)

朝日友の会会員証で団体料金に割引(6人)

周りにはお酒の樽!

曲水の庭

新手なうらない?!

大社は「まつのお」、駅は「まつお」!

松尾大社展より。お酒の銘柄がずらりと並んだ屏風

全国の酒蔵から寄贈された酒樽が並ぶ図は圧巻!

2024.04.26

3/30 荒庸子 チェロ・リサイタル2024

しなやかで、時に甘く、激しく、巧みに歌い分けるチェロの名手・荒庸子の大人気シリーズ「珠玉の名曲SELECTIONN」はなんと8回目。今回は「モリコーネに思いをよせて」というテーマで、イタリアの巨匠エンニオ・モリコーネの名曲を中心に、「あー、あの曲」と誰もが知る映画音楽の名曲たちが演奏されました。
「美女と野獣」「モダン・タイムス」「エデンの東」「ニューシネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」「マレーナ」etc・・・。名ピアニスト山田武彦とのペアリングで二つの楽器とは思えない深みと広がりのある演奏に、それぞれの映画の名シーンが目の前に広がるようで、映画好きにはたまらない映画世界にどっぷり浸ることができる時間となりました。
アンコールのピアソラ「リベル・タンゴ」では、独特のリズムと世界観に新たなチェロの魅力を感じました。
コロナ禍を経て、以前以上に生の演奏を聴くことができる幸せを感じることができるコンサートでした。

チケット・パンフレット

アンコール曲

2024.04.23

髙島屋大阪店 『第57回 日本いけばな芸術展(前期)』

草月流(河畠秀花、田渕章流、
中村雨光、西野芳流、村上仙香)

未生流(総家)和田高甫

小原流
(山口佳風、濱田豊碧、松井博士)

現代の生け花について、全く不案内な私には衝撃的な展示でした。てっきり床の間を飾る器とお花を想像していたら、床の間には収まりきらない大作のオンパレード。たくさんの流派があり、それぞれの決まりごとがあるのでしょうが、素人目には実に自由に伸び伸びと、創造力の赴くままに空間を演出する喜びに溢れているようで、実用に供さない純然たる鑑賞物としての矜持のようなものを感じました。
さて、それぞれが個性を発揮して心を揺らされる作品ばかりの中で、お気に入りだなんだと勝手なことをぬかすのは憚られるのですが、それでもやっぱり今回もピックアップさせていただきますと、№65の作品(未生流総家:和田高甫)が印象的でした。小さく繊細な草花たちがすっくと佇む姿とシンプルな色彩が、周囲から切り離された世界観を確立していて、葉陰からひょっこりと妖精が顔を出しそうな雰囲気がありました。
第57回 日本いけばな芸術展は4/22(月)で終了しましたが、時々朝日友の会の優待でいけばな展があるので、次の機会を楽しみに待ちたいと思います。

2024.04.18

中之島香雪美術館「北斎と広重」

北斎と広重

 中之島香雪美術館で開催されている「北斎と広重」展に行ってきました。
第1章では北斎の風景画への道が展示されています。
不勉強ながら、北斎が忠臣蔵や漫画(北斎漫画)を描いていることを初めて知りました。
第2章の北斎「冨嶽三十六景」は、富士山を望む各地からの絵にまるで旅をしているようでした。
「北斎の画室模型」では破れた障子の家の中で北斎が絵を描いている姿が再現されており、
ユーモラスな北斎が楽しくなりました。
第3章からの広重は、青色が綺麗なこと。広重ブルーを間近で堪能できます。
作品解説にあった「橋の上の人が方々を向き、人で賑わっているのがわかります」など
当時の人々の生活が身近に感じられ、1つ1つ面白く見ました。
前期と後期で大幅な作品の入れ替えがあります。是非、前期・後期ともに作品をお楽しみください。
前期は5月6日まで、後期は5月8日からです。
朝日友の会会員証利用で団体料金(1500円)になります。

2024.04.08

アサヒメイト3月プレゼント

ご当選されたみなさま、おめでとうございます!!

ご報告が遅れましたが、アサヒメイト3月号プレゼントの全商品の抽選、発送、発送手配を完了いたしました。
いつも通り、人気№1はやはり食品「あんちんのもちもち釣鐘饅頭 黒・白・梅あん」となりましたが、
続いてはこちらもまた人気が高い宿泊券「かがり吉祥亭 宿泊招待券(1泊2食付き)」となりました。
そしてまたまた食品、長崎名物「ふくみ屋の角煮卓袱(しっぽく)まんじゅう」、「有馬温泉太閤の湯 
入館チケット」、「オリックス・バファローズVS日本ハム戦 B指定席」、「4月文楽公演」の順になりました。
今回は、人気が高かった「かがり吉祥亭」についてご紹介いたします。
こおろぎ橋と鶴仙渓を望む、石川県加賀山中温泉にある加賀モダンな湯宿です。
開湯1300年を誇る俳聖・芭蕉が愛した源泉より引く湯が自慢の温泉、渓谷美を望む客室、加賀山海の幸をふんだんに使ったおもてなし料理が魅力です。
北陸新幹線開通により、注目を集めています北陸、観光と併せてぜひ一度ご利用ください。
朝日友の会会員様は、会員である旨を告げて予約、チェックイン時に会員証をご提示いただくと、10人まで指定宿泊料金10%割引(別途入湯税が必要)の特典があります。
ご利用については、「朝日友の会会員特典ガイド2023・P13」、まもなくアサヒメイト5月号に同封してお届けする「朝日友の会会員特典ガイド2024・P17」、アプリ内の電子ブックでご確認ください。
なお、「かがり吉祥亭」について、詳しくは下記ホームページをご覧ください。
https://kagari-kisshotei.com/

2024.03.19

3/17(日)おいしいクラシック2024

チラシとプログラム

ABCアナウンサー浦川泰幸さん司会のおいしいクラシックも3年目。みなさまに期待していただける公演として浸透してきました。今年は3階までギッシリと客席が埋まり、たくさんのお客様にご来場いただきました。
おいしいクラシックのコンセプトは、誰もが聴き知っている名曲の数々をフルコース仕立てでお楽しみいただくこと。今年のプログラムも「天国と地獄」“カンカン”、「くるみ割り人形」“行進曲”、「真夏の夜の夢」“結婚行進曲”、トッカータとフーガなどなど、オールスター級の名曲が揃いました。
指揮は、若手のホープ、米田覚士さん。なんと!本公演がザ・シンフォニーホールでのデビューになるそうです。米田さんの躍動感溢れる指揮で、大阪交響楽団のみなさんの演奏も、「音を楽しむ」音楽そのものでした。ドルチェの「おもちゃの交響曲」では、小太鼓やラッパや水笛など、実際に子どもたちが使うようなおもちゃの楽器がオケの演奏と共演しました。前に出ておもちゃの楽器を演奏された団員のみなさんはとても緊張されていたそうです。普段は難しい演奏をこなす方々でも、いつもと勝手が違う楽器を持つとやはりドキドキするものなんですね。
浦川さんのMCもいつもながら自由自在で、奔放な司会に振り回されるような感覚が楽しかったです。浦川さん、ラベンダー色のシャツがとてもお似合いで素敵でしたよ!
ABCラジオ「ウラのウラまで浦川です」は月曜から木曜の15時からの放送です。

2024.03.15

2025年もバスツアーをお楽しみに!

寒くなったり暖かくなったり、春に向けて季節が動いています。そろそろ桜の開花が気になりますね。
さて、会報誌「アサヒメイト」3月号でご案内した今年初めてのバスツアーの日が近づいてきました。
3月31日、昨年ご要望の多かった鳴門市・大塚国際美術館です。その前に、桜の名所・淡路島の賀集八幡神社に立ち寄り、参加者の皆さんとお花見を楽しみたいと思います(咲いていますように!)。
お久しぶりの方、初めましての方、お会いするのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。
今年も5〜6回、バスツアーを催行する予定です。リクエストもお待ちしています。

システィーナ・ホール(2021年7月のツアーにて撮影)

モネの大睡蓮(2021年7月のツアーにて撮影)

To top