朝日友の会(アサヒメイト)は株式会社朝日販売サービスセンターが運営しています。

スタッフブログ

2022.01.13

12/31(金)ジルベスターコンサート2021

ホワイエはジルベルターらしい雰囲気

オールスターが集まったようなプログラム

さっむーーーい日でしたが、行って良かった!と心から思えるコンサートでした。
文句なしにゴージャスなキャストとプログラムで、夢のようなひとときを味わえました。
名曲揃いのオペラナンバーを歌ってくださったのは、伊藤晴さん(ソプラノ)、宮里直樹さん(テノール)、大山大輔さん(バリトン)。発声の最初の一瞬から感じられる伊藤さんの声の厚み、ホールを突き破りそうな宮里さんの声量、細やかな表情や仕草に表れる大山さんの演技力。『カヴァレリア・ルスティカーナ』の間奏曲やサン=サーンスの交響曲第3番では、シンフォニーホールのパイプオルガンを知り尽くした冨田さんのオルガンが活きていました。特にサン=サーンスは、この日は抜粋で第2楽章の演奏でしたが、フルでまた聴きたい!
途中では、伊藤晴さんソプラノ・リサイタル「ベスト・オブ・アリア」(3月21日14時開演、ザ・シンフォニーホール)のチケットが当たる抽選会も。この「ベスト・オブ・アリア」はアサヒメイト2月号の「アスクプレイガイド情報」でご案内します。おススメです!
アンコールは、シュトラウスⅡ世:喜歌劇「こうもり」より『シャンパンの歌』とシュトラウスⅠ世:「ラデツキー行進曲」。最後まで華やかな、ジルベスターコンサートに相応しい締めくくりでした。
トークでは、交通機関の終夜運転があるかどうかわからないから17時開演にしたという話がありましたが、もしカウントダウンする時間帯でのコンサートなら私は行けなかったので、17時開演の判断に感謝です。

2022.01.11

京都国立近代美術館 『上野リチ』

まず感じたのは、上野リチが手掛けたデザインには、不快に感じる要素が全くないということ。例えばこれが芸術であれば、作者の強い主張がときには観るものに嫌悪感を惹起することもあります。もちろんそれが悪いということではありません。不快なものを直視することも必要です。でも壁紙、テキスタイル、小物入れ、マッチ箱カバーなど、日常的に視界に入るもののデザインは、不快なものであってほしくない。上野リチのデザインは刺激的すぎず、かといって無味無臭なわけでもなく、やさしく細胞を活性化してくれるような心地よさがありました。
どれもこれも素敵なものばかりで、あまり絞り込めなかったのですが、今回のスペシャルお気に入りは以下の4点。
・Ⅰ-2-31リキュールグラス…シャープなデザインでありながら柔らかい色合いが繊細な造りのグラスにピッタリ
・Ⅱ-2-03そらまめ…色違いで3種展示されていましたが、薄藤色か浅紫のような淡い紫色のものが好みです
・Ⅱ-2-18クレムリン…堅牢で近寄り難いイメージですが、上野リチの手に掛かればポップで親しみやすいデザインに
・Ⅱ-2-23ボンボニエールのデザイン…アマビエに似ていて気になる
『上野リチ ウィーンからきたデザイン・ファンタジー』は1/16(日)まで開催。朝日友の会会員証の提示で団体料金に割引になります(3人まで)。

ポストカード、クリアファイル、一筆箋、マスキングテープ、トートバッグetc.グッズも色々ありました

2022.01.06

アサヒメイト12月号プレゼント

アサヒメイト12月号プレゼントの全商品の抽選、発送、発送手配を完了いたしました。

今月の一番人気は「干し芋」。続いて「奈良県立博物館 藤田美術館展」が納得の高い人気。続いて、「アサヒメディカルシューズ」「太閤の湯 入館券付き食事券」「温泉湯豆腐」「初春文楽公演」「藤岡幸夫のサイン本」となりました。

個人的には好物の「温泉湯豆腐」、佐賀県嬉野の温泉水でお豆腐を煮ると角が溶けて白濁し、とろけます。独自のゴマダレが抜群にマッチします。嬉野旅行で初めて知ったおいしさでした。最近はスーパーなどで目にすることも増えました。時々購入し、旅の思い出に浸っています。
会員のみなさまも機会があればぜひ一度試しください。

アサヒシューズ

文楽・美術展チケット
藤岡幸夫サイン本

有馬温泉太閤の湯
入館チケット

2022.01.04

新年あけましておめでとうございます

2022年、新たな年が始まりました。会員の皆様には健やかにお過ごしのことと存じます。
本日1月4日より、朝日友の会大阪事務局も業務を始めました。コロナ禍にあって、私たちを取り巻く状況は先行き不透明ですが、春に向けて日差しが暖かくなっていくように、希望を胸に歩を進めたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

謹賀新年

明るい兆しが見えますように

2021.12.31

丑から寅へ

昨年に引き続き、2021年も色々な変化に対応していかなければならない年でした。
会員の皆様には、今年もご愛顧を賜り深く感謝申し上げます。
2022年が健やかで幸多き1年となりますように。

今年の漢字「金」にちなんで金木犀

2021.12.27

メリー・クリスマス!

世間は新年を迎える準備たけなわといったところですが、2日遅れでメリー・クリスマスでございます。朝日友の会では12/18(土)はザ・シンフォニーホールで「藤岡幸夫のクリスマス・ファンタジア」を、12/24(金)には、ケーニヒスクローネの手づくりスイーツ館で「オリジナルケーキづくり」イベントを、無事に開催することができました。リアルイベントでは、お客様に楽しんでいただけている様子を直接見ることができるので、それがスタッフとしても心の糧になります。ケーニヒスクローネでケーキづくりの手ほどきをしてくださったスタッフの方も、「普段は殆ど工場での作業で直接お客様と接する機会はあまりないので、今日は参加された皆さまの嬉しそうな笑顔を見られて励みになりました」と言われていました。
さて、日頃はあまり聴かないのですが、毎年クリスマスシーズンになると引っ張り出すCDがあります。『A Merry Hawaiian Christmas』。定番のクリスマスソングをハワイ風にアレンジした曲が集まっています。ちなみに「ジングルベル」はハワイ語で「kani kani pele」。「ジングルベールジングルベール」のリズムで「カニカニペーレカニカニペーレ」と歌われます。この言葉の響きだけでも楽しそうじゃないですか?日本ではシンシンと降り積もる雪のイメージが強いクリスマスですが、常夏の島の穏やかな波の音を思わせるクリスマスソングもまたいいものです。

〇十年前にタワレコで試聴して衝動買い

2021.12.22

奈良国立博物館「名画の殿堂 藤田美術館展」

 奈良国立博物館で開催中の「名画の殿堂 藤田美術館展」へ行ってきました。2019年春に開催された「国宝の殿堂 藤田美術館展」の続編です。
 明治維新をきっかけに、日本は外国との交流が盛んになり、様々な分野で近代化が進みました。と同時に、日本の芸術や文化がどんどん流出し、それを憂いた藤田傳三郎は作品の収集に尽力しました。今回、藤田美術館がリニューアルで休館しているのを機に、貴重なコレクションが展覧されています。
 「アサヒメイト」では、江戸時代に活躍した絵師・長澤蘆雪と近代京都画壇を代表する竹内栖鳳の作品をご紹介しました。蘆雪筆と伝えられる三幅の掛け軸は、真ん中に幽霊、左に白蔵主(僧に化けた狐)、そして右に仔犬と髑髏(ドクロ)が配されています。表装も墨で描き、その枠から絵が飛び出すという凝りよう…。一見美しいのですが、愛らしい仔犬と髑髏という異様な取り合わせに心がざわつきます。動物画を得意とする栖鳳は、ヨーロッパの遊学中に動物園でライオンを見て、「大獅子図」を描きました。タテガミの1本1本まで神経が行き届いた、まさに傑作。実物を見たことがない当時の人々はさぞや驚いたことでしょう。
 象やライオンなど珍しい動物から、身近な生き物を描いた竹内栖鳳。京都に住み、奈良の夏鹿を好んで描いていたそうです。博物館の周りの奈良公園では、冬毛に変わった鹿たちの「キューン」という鳴き声が響いていました。
 会期は1月23日まで。朝日友の会会員証の提示で100円引き(4人まで)。

奈良国立博物館

奈良公園の鹿もすっかり冬毛に

2021.12.16

中之島香雪美術館 『中国の漆器』

今でも日用品として生活の中に馴染んでいる漆器ですが、改めて芸術品として鑑賞すると、奥深い表現や多彩な技術に驚かされます。本展は、Ⅰ.彫漆(ちょうしつ)、Ⅱ.螺鈿(らでん)、Ⅲ.無文漆器(むもんしっき)、Ⅳ.存星(ぞんせい)、Ⅴ.箔絵・嵌骨(はくえ・がんこつ)、Ⅵ.蒟醤・天川・独楽(きんま・あまかわ・こま)と、主に技法ごとの分類で構成されており、技術的な側面に着目しつつ鑑賞を進めることで、新鮮な見方ができました。
今回のお気に入り作品は、作品№41「三酔図螺鈿香合」(さんすいずらでんこうごう)と作品№46「黒漆天目台」(くろうるしてんもくだい)。「三酔図螺鈿香合」は、酒に酔ってゴキゲンな三人の人がじゃれ合っている様子がモチーフになっています。螺鈿のニュアンスと相まって活き活きと表現されており、なんだかお酒の匂いが漂ってきそうでした。「黒漆天目台」は、同名称の作品が№45と46に並んでいるのですが、№45は漆黒、№46は栗色で、この栗色がとても格調高く深みがあり、シンプルな造形を引き立てているように感じました。
『中国の漆器』は2022/2/23(水・祝)まで開催。朝日友の会会員証の提示で一般が団体料金に割引になります(2人まで)。

年内は12/26(日)まで、年始は1/8(土)からです

2021.12.13

ホテルヒューイット甲子園の新サービス

12月某日、ホテルヒューイット甲子園に伺いました。阪神甲子園駅の西口を出て、線路沿いに歩くとすぐに見えてきます。とてもわかりやすくアクセスのいいところです。
最近は、デリカテッセンを始められたそうで、「オールデイダイニング ポモドーロ」には、色とりどりの美味しそうな商品が並んでいました。和・洋・中の各種おかずやおつまみ、サラダにサンドイッチもあります。ほとんどは、税込で500~1000円と購入しやすい価格帯。ホテルシェフの贅沢な味を自宅で気軽に楽しみたいときにピッタリです。

ホテルならではの豪華惣菜「オマール海老のバケットグラタン」もありました

2021.12.09

「美術館めぐり」バスツアー 「和久傳ノ森で『安野光雅展』鑑賞とランチ」

京丹後の土地に合った樹木で森が再生されたそうです

和久傳特製ランチの前菜

この「美術館めぐり」バスツアーを始めた当初のコンセプトの一つとして、アクセスが悪くて個人ではなかなか行きづらい美術館にバスツアーで行っていただくというものがありました。今回の行先である和久傳ノ森はまさに、そのコンセプト通りの、個人では行きにくいところにあります。
和久傳ノ森の前に、まずは「丹後ちりめん歴史館」へ。日本一の絹織物生産地である丹後地方で1300年もの歴史をもつ丹後ちりめん。その繊細な肌触りの絹に触れました。特に模様の入ったジャガード織の白い絹地の美しさは格別です。また、繭から抽出されるセリシンというアミノ酸タンパク質が人間の肌に含まれる成分に極めて近く、美肌効果があるそうで、セリシンを使った化粧品や手袋なども販売されていました。
次はいよいよ和久傳ノ森。安野光雅館では、『安野光雅追悼展 イギリスの村』が開催中でした。どれもこれも優しいタッチで心癒される作品ばかりですが、特に気に入ったのは、『ヨークシャーの丘』と『ネス湖畔の館』。「ヨークシャー」といえば、まず思い浮かぶのが、エミリー・ブロンテ作『嵐が丘』。キャサリンとヒースクリフの激しい愛を象徴するような厳しい自然の荒野が広がっているイメージです。安野さんの作品では、豊かな緑が広がる穏やかな風景が描かれていますが、波打つ丘の隆起が『嵐が丘』の世界を連想させます。『ネス湖畔の館』は、草木の緑色と建築物の茶色が中心となる本展の作品の中にあって、ヒンヤリとした静謐な空気感を醸し出すネス湖の水が目を引きました。
最後は、道中で天橋立の絶景を鑑賞しながら、「元伊勢」と言われる歴史をもつ籠(この)神社へ。京都市内とは異なる、日本海側の京都の奥深い魅力に触れた一日でした。

To top