朝日友の会(アサヒメイト)は株式会社朝日販売サービスセンターが運営しています。

スタッフブログ

2022.05.17

龍谷大学 龍谷ミュージアム 『ブッダのお弟子さん 教えをつなぐ物語』

龍谷大学 龍谷ミュージアムは京都の中心部にあります

ベゼクリク石窟15号窟 回廊壁画の復元

あまり仏教に通暁していない者には敷居が高いかも、という先入観を壊してくれる面白い展覧会でした。鬼子母神や提婆達多(ダイバダッタ)のエピソードが描かれた作品はドラマティックで、十大弟子の個性に着目した豆知識解説は、お弟子さんたちを身近に感じさせてくれます。
一押し作品はこちらの5点。
・作品番号11 鬼子母掲鉢図…樹木も昆虫も魚も擬人化されていて、魚から足が生えています。
・作品番号15 釈迦御一代記図会…葛飾北斎の手になる挿絵は迫力満点。
・作品番号33 木造十大弟子立像…写実的な表情をもつ立像は今にも動き出しそうです。
・作品番号45 笠置曼荼羅…細やかな筆致が美麗。
・作品番号69 五百羅漢図…僧院生活の日常が描かれています。キチンと揃えられた履物に注目!
近年色々なものを擬人化した漫画やアニメをよく目にしますが、擬人化に歴史あり。今に始まったことではないのですね。
『ブッダのお弟子さん 教えをつなぐ物語』は6/19(日)まで開催。朝日友の会会員証の提示で団体料金に割引になります(4人まで)。

2022.05.12

中之島香雪美術館 『来迎~たいせつな人との別れのために』

平安時代に浄土信仰が広まった背景には、苦しい現世への諦念があったと考えられますが、確かに阿弥陀如来がたくさんの菩薩を引き連れて、お迎えに来てくれる様は神々しく、この世への惜別の思いを薄め、同時に極楽浄土への期待感を高めてくれます。
本展で特にお薦めしたいのは、まずは『二河白道図(にがびゃくどうず)』です。「二河白道」とは、極楽往生を願う心の比喩で、水の河は欲望や執着を、火の河は憎悪や憤怒を表しています。この二つの河の間に細い道(白道)があり、二河に表される煩悩を捨てて、阿弥陀や釈迦に励まされながら極楽に至るというものです。わかりやすい図解のような構成になっており、作品番号24から27まで並んでいる4点の細部を比較しながら鑑賞することができます。
次に作品番号32『阿弥陀如来立像』。この阿弥陀様は、全長1mほどですが、ガラスケースの中にお立ちになられているので、ケースの高さも含めると2mくらいになるでしょうか。この高さが絶妙で、正面に立って見上げるとバッチリ目が合います!阿弥陀様とジーッと見つめ合ってしまいました。こちらはマスク越しですがニコッと笑ってみると、心なしか阿弥陀様もニッと笑ってくれたような…大丈夫です。気は確かです。
そしてもう1点。作品番号42『戯画図巻』です。こちらは単純に題材が面白い!日蓮と法然が腕相撲をしています。勝負の行方やいかに?!
『来迎~たいせつな人との別れのために』は5/22(日)まで開催。朝日友の会会員証の提示で団体料金に割引になります(2人まで)。

チラシと作品リスト

2022.05.10

京都市京セラ美術館 「ポンペイ展」

京都市京セラ美術館で開催中の「ポンペイ展」へ行きました。あいにくの雨ですが、休日とあってにぎわっています。会場に入ると、大型スクリーンに街が火砕流に飲み込まれる様子(イメージ)が映し出され、場内では、発掘された遺物とともに施設や邸宅の一部が再現され、当時の人々の暮らしが体験できるようになっていました。
フレスコ画や精緻なモザイク画は、永年灰に覆われていたためか、損傷が少なく良い状態を保っています。アサヒメイトでもご紹介したブロンズ像「踊るファウヌス」は、邸宅の玄関広間で主や客人の目を楽しませていたようです。伸ばした手の指や背中の筋肉が躍動感にあふれ、それゆえ人々を襲った悲劇と世の儚さに胸が締めつけられました。
会場は撮影OKで、あちこちからスマホのシャッター音が響きます。とりわけ注目を集めていたのが、炭化した大きなパン。近くには食卓に置かれたパンの静物画があり、私も思わず見比べてしまいました。
「ポンペイ展」は何度か来日しており(2001年には神戸)、今回はその「決定版」とのこと。現地では発掘作業が続いており、これっきりではないと思いますが、ぜひ会場へ足を運び、古の人々の暮らしに思いを馳せてください。
会期は7月3日まで。朝日友の会会員証で1人200円引き、同伴3人まで100円引きです。

ファウヌスは、古代ローマの森の神

丸焦げになってしまった、ふかふかのパン(右奥)。
いちじく(左奥)やブドウ(手前)も。

2022.05.06

4/29(金)関西フィル 第327回定期演奏会

4月29日、関西フィルハーモニー管弦楽団第327回定期演奏会に行きました。
アサヒメイト4月号でご紹介した公演です。
「純情なる音世界~Pure Heart Orchestra」と銘打たれた新シーズンの開幕を飾る公演で、
指揮者・下野竜也さんは関フィル定期公演初登場。
オール・ドヴォルザークの慈しみに満ちた世界を堪能するラインナップです。
前半は序曲三部作「自然と人生と愛」作品91~93。
母国チェコでも三曲まとめて演奏されることは少ないという貴重な機会でした。
後半のメインは懐かしい薫りが満載でどこか心が安らぐ明朗な「交響曲第6番」。
初めて聴くのに懐かしい、心温まるドヴォルザークらしいナンバー。
下野さんの指揮は情熱的で、演奏者と刺激し合いつつ熱量が高まり、
観客の気持ちも高揚する、生の演奏ならではの一体感・醍醐味を存分に味わえる公演でした。

公演チラシとプログラムとチケット

2022.04.28

神戸市立博物館 『大英博物館 ミイラ展~古代エジプト6つの物語~』

一部、撮影可のエリアがあります。

平日限定のハガキをいただきました。

神戸市立博物館で開催されている『ミイラ展』に行ってきました。会期が長いのでアサヒメイトでは1月号から5月号まで5号連続でご案内しており、またもや「赤アメンイリイレト青アメンイリイレト黄アメンイリイレト」を練習する時間はたっぷりありました(エジプトといえば早口言葉!)。
かつては生きた人であったミイラ。おそらく多くの人が、生々しい生死とは切り離し、鑑賞の対象物として客体化することで、平然と対峙できているのではないでしょうか。でも本展では、最新の研究から明らかになったミイラの個の属性をあわせて紹介することで、彼らもかつては同じ地球上で生活していた人であったという事実に我々を立ち戻らせてくれます。食品やアクセサリー、楽器、子どものおもちゃなど、生活に密着した展示品は、彼らが生きた時代の日常はどのようなものだったのかという想像を助けてくれました。
今回のお気に入りは、作品番号174「メリセクメトという子供の葬祭用ステラ」です。状態の良いステラがたくさん展示されていましたが、鮮やかな彩色が特に印象に残りました。また4人目のミイラ、タケネメトのコーナーは、タケネメトのミイラ、内棺、中棺、外棺が同じスペースに連続して展示されており、興味深いものでした。外棺は大きくて迫力があるのですが、ミイラ本体は外棺よりもずっと小さく、布でグルグル巻かれエコノミー症候群になりそうな状態で、ストレッチしたいだろうなぁなどと考えてしまいました。
2時間以上かけましたが、それでも時間が足りず、最後は閉館時間が近づき駆け足になってしまうくらい充実した鑑賞となりました。
『大英博物館 ミイラ展~古代エジプト6つの物語~』は5/8(日)まで開催。「事前予約優先制」です。GW期間中は混むかもしれませんので、事前予約してから行かれることをお勧めします。朝日友の会会員証の提示で団体料金に割引になります(5人まで)。

2022.04.26

アサヒメイト4月号プレゼント

チケット類とチラシ

アサヒメディカルウォーク

アサヒメイト4月号プレゼントの全商品の抽選、発送、発送手配を完了いたしました。
今月も食品強し、1位「榮太樓總本舗ピーセン」、2位「八天堂食パン詰合せ」となりました。昨今のパンブームを受け、食パンが1番人気との私の予想は外れ、どこか懐かしいピーセンが1番人気となりました。
続いては根強い人気の「アサヒメディカルウォーク」。レディースのネイビーメタリックカラーは写真よりも少し落ち着いた女性用には珍しい色合いです。興味を持たれた方はぜひ一度店舗でご覧いただければと思います。
その他は「春季京都非公開文化財特別公開拝観券」「岩合光昭チャリティー写真展」「ブッダのお弟子さん 教えをつなぐ物語」となりました。
GWを控え、美術展やイベントの開催が戻りつつあり、以前にご紹介した「ネモフィラ展」にも大変たくさん足を運ばれているそうです。いろいろなお楽しみ計画の際に、会報誌「アサヒメイト」をお役立ていただけましたら大変うれしく思います。

2022.04.22

4/16 ARK BRASS フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルへのオマージュ

4月16日、久しぶりに住友生命いずみホールへ行きました。「ARK BRASS(アークブラス)」、初めて聞く名前です。在京オーケストラの金管トップ奏者4人(トランペット・佐藤友紀さん、ホルン・福川伸陽さん、トロンボーン・青木昴さん、チューバ・次田心平さん)を中心とするユニットで、サントリーホール&アーク・カラヤン広場で開催される音楽祭をきっかけに、21年に結成されたそう。イギリスの伝説のPJBE(フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル)の継承をめざしています。
今回の公演には、金管奏者10人が出演。前半はルネサンス&バロックの曲から。後半はガラリと変わって明るく軽快な曲が続きます。特に印象的だったのが、ホルンの福川さんによるチャールダーシュ。ヴァイオリンのソロで有名ですよね。丸みを帯びた柔らかい音色で、スタッカートを刻んでいきます(ご本人曰く「べろがめちゃ疲れる」とか)。
そして、トロンボーンの青木さんによるロンドンデリーの歌。まさに歌うように、色気のある音にうっとりしました。演奏の合間には、マイクを回しながらの楽しいトーク。オーケストラの一員としてかしこまっている姿でなくリラックスした様子で、メンバーの仲の良さが伝わってきます。客席からは温かい拍手が送られ、ずっとアットホームな雰囲気に包まれていました。
結成されたばかりのアークブラス。まだ試行錯誤のような部分もあり、これからが楽しみです。皆さんもぜひ彼らのステージを体験してみてください。

金管のスター奏者が集結!ARK BRASS、覚えてくださいね

2022.04.19

第8回 帰って来たナカノシマせんべろ

パンフレットとスクラッチカード

QoFFEE by riocoffeeの1周年記念メニュー

朝日友の会事務局があるフェスティバルタワーを含む中之島フェスティバルプラザで、“帰って来たナカノシマせんべろ第8回”が5月13日まで開催中です。
パンフレットに掲載の対象店舗にてせんべろメニューを注文ごとに1スタンプ押印してもらえ、スタンプが3つ貯まると①せんべろ1回券として利用、②カードをためてせんべろ交換ギフトと交換
とお好みでとお楽しみいただけます。
せんべろといってもスイーツもあり、お酒を飲まれない方や飲めない時にもお楽しみいただけます。
写真は芦屋riocoffee経営の「Qoffee」キャロットケーキと季節のケーキ(写真はブラウニー)の二種盛りとホッとコーヒーのセットです。色目は地味ですが、とってもおいしい。4種類のコーヒーが日替わりで提供され、ケーキは話題のグルテンフリーの安心できる味、ホッと一息に最適です。
春とともに外出の気分が盛り上がってきましたので、コンサートや美術展のついでに、ぜひお立ち寄りください。
詳しくはhttp://festivalplaza.jp/かビルに設置のパンフレットでご確認ください。
(オペレーションセンター06-6231-7555)

2022.04.12

アサヒメイト3月号プレゼント

アサヒメイト3月号プレゼントの全商品の抽選、発送、発送手配を3月末に完了いたしました。3月末から4月にかけて先に紹介させていただきたい記事がありましたので、ご報告が遅くなりました。
今月の人気№1は、今回スペースの関係で唯一の食品となりました「帝国ホテルクッキー」。大変高い人気となりました。続いてこちらも人気が高い美術展招待券「ポンペイ展」、その他はほぼ等分する応募数となりました。
「まん延防止措置」が解除され、みなさまお待ちかねのオリックス・バファローズ。入場制限が解け、やっと!100%となったことを受け、3月号では試合招待券プレゼント、4月からは特別優待が再開されています。お申し込み方法は以前と異なり、またさらに変更もあり得ますので、ご予約・ご観戦前には毎月のアサヒメイトをチェックしていただくようお願いいたします。

佐藤健寿展・オリックスバファローズ観戦招待券・
有馬温泉太閤の湯入館チケット

ポンペイ展・文楽・桂米朝一門会・ネモフィラ祭 チケット

2022.04.08

ネモフィラ祭り2022 内覧会

絶好のネモフィラ日和でした。画像では何度も見ていたものの、ネモフィラ・海・空の青が3連グラデーションとなって、スーッと広がっていく清々しい解放感は、実際に行かないと味わえません。淡いピンクの桜コラボゾーンからぐるっと回って、鮮やかなチューリップコラボゾーンへ。出口の近くには、まいしま楽市楽座があり、限定フードやグッズを購入できます。青いソフトクリーム「ブルーアイ」は見た目を裏切らない爽やかでスッキリとした味わいでした。歩道は殆どの部分が舗装されていて歩きやすかったです。
行き帰りのバスからは、ウィーンの画家・建築家フンデルトヴァッサーによる建築の大阪市環境局舞洲工場(舞洲ゴミ処理場)を見ることができます。随所に施された「歪み」に、自然と人間の調和を目指したフンデルトヴァッサーの思想が垣間見えるようです。
『ネモフィラ祭り2022』は5/8(日)まで開催。朝日友の会会員証の提示で大人が団体料金に割引になります(4人まで)。

このソフト
美味しかったです!

ネモにゃんも
気持ちよさそうに
ひなたぼっこ

ところどころに
白いネモフィラも
混じっています

フンデルトヴァッサーは
作品の署名に
漢字で「百水」と書くほどの
親日家です

ブログ内検索

カレンダー

«5月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

フィード

To top