朝日友の会(アサヒメイト)は株式会社朝日販売サービスセンターが運営しています。

スタッフブログ

2022年02月

2022.02.22

歴史的資産の保存について考える

グッズを購入することも多少の貢献にはなるでしょうか??

北京五輪が終わり、これから何を楽しみにすればいいのか…と思っているところに、更に残念なお知らせが!東京・日野にある土方歳三資料館が今年の10月末で一旦休館するそうです。理由は「個人での運営に限界を感じて」とのこと(土方歳三資料館公式ツイッターより)。
幕末に志士たちが集ったことで知られる、京都・清水にある明保野亭も2020年2月から休業しており寂しい限り。いずれも完全な閉館・閉店というわけではないようなので、復活を待ちたいところです。
幕末関連施設といえば、朝日友の会の提携施設だと、「霊山歴史館」、「角屋 もてなしの文化美術館」があります。霊山歴史館では現在「会津藩主・松平容保と新選組」が開催中。「角屋 もてなしの文化美術館」は2021/12/16~3/14までは休館期間なので、次の展示は3/15からです。直接運営に携わっていない者としてできることは限られていますが、歴史的資産の保存のためにも、展示施設に積極的に足を運ぶよう意識していきたいものです。
『会津藩主・松平容保と新選組』は5/15(日)まで開催。朝日友の会会員証の提示で一般が団体料金に割引になります(全員)。

2022.02.14

カーリング女子に癒されています

北京オリンピックが開催されており、毎日熱い闘いが繰り広げられていますが
私が好きなのが、カーリングの女子。
ルールも全く分かりませんが、ぼーっと観ていて癒されます。
技術とともに戦略も必要な大変な競技ですが
彼女達は、いつも明るく穏やかに競技しています。
よく聞こえるのが、彼女達の「ナイス~」「いいよ~」の声。
あまり思った通りにいかなくても 「大丈夫~」
そして、勝利した際には、輪になってピョンピョン。
仲間を信頼して、力を合わせて闘っているのがよく伝わります。
リンクの上での笑顔も多く、コロナで人の笑顔が見れない今、余計に嬉しい笑顔です。
彼女達の笑顔を見続けたいので、勝利し続けてほしいです。

2022.02.09

2/5(土)千住真理子 スウィート・バレンタイン トーク&リサイタル

「スウィート・バレンタイン」のタイトルに相応しく、あらゆる角度から愛や恋を表現してくれたコンサートでした。歌劇「フィガロの結婚」より”恋とはどんなものかしら” (モーツァルト)では浮き立つような恋心を、『夜想曲第20番 遺作』(ショパン)では悲しく切ない別れを、『愛のあいさつ』(エルガー)や『愛の夢 第3番』(リスト)では優しい気持ちに満ちた穏やかな愛を、それぞれ感じながら鑑賞できました。トークで弱音器(ミュート)についてのお話があったので、『ツィゴイネルワイゼン』では弱音器を外すタイミングを意識して観察することができ、興味深かったです。
アンコールは『愛の悲しみ』(クライスラー)と『アメイジング・グレイス』。しっとりとした雰囲気で終わった後は、数分前まで舞台で優雅に演奏していた人がもうタクシーに乗っているという、千住真理子名物ともいえる早業を見ることもできました。

公演チラシとプログラム

2022.02.01

アサヒメイト1月号プレゼント

「植物」展チケットと京都東急ホテル宿泊券

「ミイラ」展チケットと『ロボット・イン・ザ・ガーデン』パンフとチケット、「天声人語書き写しノート(英訳版)

アサヒメイト1月号プレゼントの全商品の抽選、発送、手配を完了いたしました。
今月の一番人気はなんといっても「サンふじ」。ダントツの人気で、2位の約2倍のご応募をいただきました。続いては、やはり食品「ふらのチーズ」。好き嫌いが分かれるかと思いましたが、好きな方が増えたことを実感しました。続いて「神戸市立博物館『大英博物館ミイラ展』」「大阪市立自然博物館『植物』」と展覧会が続き、「京都東急ホテル1泊朝食付宿泊券」、「劇団四季ミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』」、「天声人語書き写しノート(英訳版)」となりました。全体を通して、通常期ですと人気の高い展覧会や宿泊券よりも食品が好まれ、ご応募の人気傾向にもコロナの影響を感じる結果となりました。
今回の中では、『ロボット・イン・ザ・ガーデン』が新作、「天声人語書き写しノート」の英訳版も初めての登場、長引くコロナ禍ですが、このように動き始めているものもありますので、アンテナを張ってキャッチし、新鮮な商品のご紹介に努めたいと思いますので、今後もお楽しみに!

ブログ内検索

カレンダー

«2月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      

フィード

To top