朝日友の会(アサヒメイト)は株式会社朝日販売サービスセンターが運営しています。

スタッフブログ

2021年09月

2021.09.16

新歌舞伎座9月公演 ミュージカル『ジェイミー』

写真撮影OKのサービスタイムがありました

ジェイミーが憧れた赤いハイヒール

アサヒメイト8月号でご案内したミュージカル『ジェイミー』を鑑賞しました。結論!素晴らしかったです。まずは何と言っても音楽。ティーンエイジャーの躍動感溢れるナンバーから、母や友人の情愛に満ちたナンバーまで、実力派キャストたちが生演奏に乗って、見事な歌を披露してくれました。四角いメタリックなスツールが舞台セットの中で大活躍だったのですが、それを上手く活かしたダンスも楽しかったです。足の甲が直角になりそうなハイヒールで、舞台上の急峻な階段を昇ったり、その最上段で演技をしたり、さすが体幹が鍛えられているなぁと感心しました。
印象的だったのは、ジェイミーの親友であるプリティがジェイミーに向かって言ったセリフ「自分を全うするのに許可なんていらない」。殻を破り切れない人たちの心に響く言葉です。残念ながら、新歌舞伎座での公演は9/12で終了しましたが、再演があるなら、「損はさせません!」と強くお薦めしたい作品でした。

2021.09.13

朝日友の会アプリ準備中です!

現在、朝日友の会アプリを準備しています。
先日、申請の関係で本人確認の電話があったのですが、この電話、時には英語で掛かってくるそうで…。無事日本語で掛かってきたのでホッとしました。確認の項目がそこそこあったので、あれが全部英語になるかと思うとゾッとします。
ただ、電話以外の確認は、全て英文メールが来ています。こちらも読むのに四苦八苦。道のりは長いです…。
もう間もなく、皆さまにご案内できるかと思います。今しばらくお待ちください。

2021.09.08

9/3(金)竹澤恭子&江口玲 デュオ・リサイタル

プログラムはオール・ベートーヴェンでヴァイオリン・ソナタ3連発という「日本の底力シリーズ」の第1回に相応しい、贅沢なものでした。特に印象に残ったのは1曲目の第5番『春』。流麗で軽やかで、うっとりと聴き惚れました。この日の竹澤さんはサーモンピンクの華やかなドレス。実は竹澤さんのコンサートに行ったのは初めてだったのですが、ポスターやチラシとは一味違う印象で、「春」のイメージを体現するかのような柔和なお姿に魅せられました。ピアノは竹澤さんと長年培った信頼関係のある江口玲さんです。譜面台にはなんとiPadが!演奏に合せて自動で譜めくりするアプリがあるそうなのですが、不具合があったらしく、2曲目の第7番からは譜めくりの方が登場し、時々iPadをスワイプしていました。どの時点で不具合が発生したのかはわかりませんが、少なくとも第5番『春』の演奏中には、アクシデントを感じさせるような素振りは全く見られませんでした。
この日のアンコールは2曲。クライスラー『ベートーヴェンの主題によるロンディーノ』とシューベルト『アルペジオーネ・ソナタ 第2楽章』。オール・ベートーヴェンで満足度100%だったところに、更にクライスラーとシューベルトが加わり、満足度が120%まで限界突破した…そんなリサイタルでした。

チラシの竹澤さんは妖艶な雰囲気です

2021.09.03

木造名建築でゆったり『あまみ温泉南天苑』に訪問しました

【本館】落ち着いたお部屋でゆったりとした時間を過ごせます。

【本館】手入れの行き届いた三千坪の日本庭園。秋には錦秋の彩を楽しめます。

【離れ家「清流亭」】天見川のせせらぎを聞きながら、全身を癒せます。

8月下旬、河内長野市にある『あまみ温泉南天苑』さんに訪問しました。
南天苑本館はあの東京駅も手掛けた辰野金吾氏による重厚な木造建築。
大正2年に堺市大浜に建てられたものが、その後現在の地に移築されて昭和24年に南天苑として創業されて今に至っています。
さらに、ご主人のこだわりがふんだんに埋め込まれた離れ家「清流亭」は、天見川のせせらぎを聞きながら特別な時間が過ごせます。
夏の終わり、涼しくゆったりとした時間を過ごせました。
大阪府下とは思えない、しっとりと落ち着いた空間で癒されませんか?

http://www.e-oyu.com/
難波駅から約40分、南海高野線天見駅から徒歩1分。

To top