朝日友の会(アサヒメイト)は株式会社朝日販売サービスセンターが運営しています。

陶技始末(とうぎしまつ)
河井寛次郎の陶芸

陶技始末

 陶芸家・河井寛次郎(1890~1966)は、東京高等工業学校(現東京工業大学)で窯業を学んだ後、1914(大正3)年に京都市陶磁器試験所に入所します。 そして、五条坂に「鐘溪窯(しょうけいよう)」を構えて独立。当初は中国の古陶磁を手本にした作品を発表しますが、思想家・柳宗悦(やなぎ むねよし)との出会いをきっかけに、「用の美」に即した器を手がけるようになり、民藝運動の中心人物として活躍します。戦後は、用途をもたない陶彫(とうちょう)による造形作品を展開しました。本展では、河井の未紹介陶芸作品を中心に、創作活動の軌跡をご紹介します。

特 典
朝日友の会会員証利用で一般のみ団体料金に割引(2人)
会 場 中之島香雪美術館
電話 06-6210-3766
URL https://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/
会 期 6 / 18(土)~ 8 / 21(日)
月曜休館(7/18は開館、翌日休館)
10:00 ~ 17:00
※入館は閉館30分前まで
観覧料 一般 1,100円(団体 900円)
大学・高校生 700円(500円)
中学・小学生 400円(200円)
主 催 公益財団法人 香雪美術館 、朝日新聞社、毎日新聞社
To top