朝日友の会(アサヒメイト)は株式会社朝日販売サービスセンターが運営しています。

スタッフブログ

2022.04.04

3/27(日)おいしいクラシック2022

毎年3月下旬の公演は、ABCラジオのパーソナリティの方に司会をしていただくシリーズです。昨年までの道上洋三さんに代わって今年は、ABCアナウンサー浦川泰幸さんの司会です。「おいしいクラシック」というタイトル通り、コース料理になぞらえて、音の絶品料理が次々と舞台上に現れます。「カルメン」(ビゼー)、「花のワルツ」(チャイコフスキー)、「ハンガリー舞曲 第5番」(ブラームス)、「フィガロの結婚」(モーツァルト)、「運命」(ベートーベン)、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(ワーグナー)、さながら各球団の主力打者がズラリと並ぶオールスター戦のようです。作曲家の生没年を毎回「江戸後期」などと、日本の時代に置き換えて説明してくれる浦川アナ。そうか、ブラームスは土方歳三の2コ上なんだ…
後半は、松岡莉子さんのケルティック・ハープからスタート。ずっと笑みを湛えている松岡さんご自身にも、ケルティック・ハープの柔らかな音色にも癒されました。松岡さんのスペシャルメニューの後は、「『四季』より春」(ヴィヴァルディ)、「春の声」(J.シュトラウス2世)と、この季節にピッタリの曲が続きます。食後の余韻は「プリンク・プランク・プルンク」(アンダーソン)。浦川アナは、「ハムスター行進曲」と例えていましたが、まさにハムスターがクルクルと回し車で遊んでいるような軽快な曲がピツィカート奏法で紡がれていきます。コントラバス陣の「魅せる」演出にも客席は大いに沸きました。オケの皆さんもノリノリで、親しみを覚えます。最後は「ラデツキー行進曲」(J.シュトラウス1世)。みんなで楽しく手拍子をして、最初から最後までずずずいーっとおいしくいただきました。ごちそうさまでした!
浦川さんのスパイスの効いたトークは、ABCラジオ「ウラのウラまで浦川です」(月~木曜15時~)でどうぞ。

公演チラシとプログラム

2022.03.30

「美術館めぐり」バスツアー 名古屋市美術館「ゴッホ展」鑑賞

3月19日、今年最初のバスツアーに同行しました。新大阪から新名神高速経由で、バスガイドさんの楽しいお話を聞きながら名古屋へ。到着後、昼食にひつまぶし御膳をいただいて、名古屋市美術館へ向かいます。
今回の旅のメインは「ゴッホ展」。数々のドラマティック(エキセントリック?)なエピソードを持ち、日本でも大人気のゴッホですが、よく知られているのはひまわりや自画像など色鮮やかな作品。実はこれらは後期のもので、今回は初期の鉛筆や黒チョークを使った素描をたくさん見ることができました。研究熱心なゴッホの素顔が伺えます。37年という短い人生の中で、2000点以上の作品を遺したゴッホ。同時期の画家たちに影響を受けて作風を変えていく様子がよく分かる、とても貴重な機会でした。
その後は、かつて実業家の住まいであった橦木館へ。現地ガイドの方の説明を聞きながら、大正ロマンの雰囲気の中でひと息つき、帰路につきました。
バスツアーでは、これからも展覧会をはじめ、テーマのある旅を企画します。どうぞお楽しみに!

会場入り口の看板には、最晩年に描かれた「糸杉」が。

大正ロマンが薫る橦木館

2022.03.28

3年ぶりの観戦!

こんにちは

先日、大相撲大阪場所を観戦してきました!
コロナ禍で一昨年は無観客試合、昨年は東京開催に変更…
じつに3年ぶりの開催となりました

朝からテンションMAXで入り口に到着(笑)。
今回はマス席も100%動員されておらず、場内の飲食禁止、マスク着用必須、声援禁止などなど、
さまざまな観戦ルールをしっかり遵守しての観戦です
お客様も、しっかりルールを守って観戦されていたように思います。
声援が送れない分、ご贔屓の力士のタオルや、大きな拍手で応援されていました
場内はしーんとしていますので、力士がバチバチ当たり合う音や、行事や呼び出しの声も、
いつも以上に響きます

臨場感たっぷりの生観戦、しっかり楽しんできました
来年は声援も観客も、100%戻っての開催を願ってやみません

昨日の千秋楽からの結果は…
若隆景関が初優勝新関脇としては86年ぶりの快挙でした
おめでとうございます
元大関の高安関との優勝決定戦もあり、「荒れる大阪場所」の通り、とても見ごたえのある場所でした

入り口の看板とのぼりが懐かしい…(涙)

十両土俵入り!

2022.03.24

3/21(月・祝)伊藤晴 ソプラノ・リサイタル「ベスト・オブ・アリア」

年末のジルベスターコンサートで素晴らしい歌声を披露してくださった伊藤晴さんのリサイタルです。第1部はサティ、ビゼー、グノーといったフランスの作曲家の曲で、第2部はロッシーニ、プッチーニ、ヴェルディといったイタリアの歌曲を中心にまとめられていました。ジルベスターのときにも感じましたが、伊藤さんの歌声は、まるでほんの1メートル先で歌っているかのような近さを感じます。点や線ではなく面で迫ってくる感覚とでも言うのでしょうか。アンコールはプッチーニの「ラ・ボエーム」より『私が街を歩くと』、小林秀雄「すてきな春に」の2曲。この日は雨こそ降っていなかったものの、空は厚い雲に覆われていましたが、伊藤さんのお名前の通り、雲間からさっと光が差して晴れ渡っていくようなリサイタルでした。

公演チラシとプログラム

2022.03.18

春が来ましたね

こんにちは
昨日まではあったかい日々の続いた大阪ですが、
今日は一転あいにくの雨模様で、すこし肌寒いです
でも寒の戻りが感じられるのも、春らしい気候で悪くないなぁと思う今日この頃です

春といえば、桜の開花が待ち遠しいです。
大阪市の開花予想は3月23日、満開予想は3月29日だそうです(日本気象協会HPより)。
みなさんの近辺では、桜の状態はいかがでしょうか?
まだまだコロナ禍ではありますが、今年も美しい桜をめでられるよう、今から楽しみです

名前がわからないけど…(笑)きれいです♪

←帰路でみつけました♪

2022.03.09

アサヒメイト2月号プレゼント

健康脳パズル・ギフトカードやチケット類

アサヒメディカルウォーク

アサヒメイト2月号プレゼントの全商品の抽選、発送、発送手配を完了いたしました。
2月の人気№1は、他のプレゼントの約2倍となった「呼子朝市ひもの詰合せ」。ひものは登場するたびに絶大の人気を誇ります。事務局としてもたくさんのご応募を予想している品です。
2位は前回登場時にも高い人気となった「健康脳パズルセット」、今回も高い人気となりました。
続いて「イオンシネマチケット」「アサヒメディカルウォーク」「ホテルヒューイット甲子園レストランギフト券」「げんぶ堂 あられのカタチのチョコ4種セット」「福田こうへいコンサート2022」と並びました。
長引くコロナ禍における「まん延防止措置」要請を受けて、外出よりも在宅で楽しめるものの人気が高まっている傾向が続いています。
しかし!お待たせいたしました!!みなさまの手元にも届いているアサヒメイト3月号では、気候が良くなることを受け、美術展2種・野球・文楽・落語・ネモフィラ展・太閤の湯入館チケットと外出して楽しんでいただくチケットが揃っております。3月10日締切ですので、WEBかハガキ(10日消印有効)で、ご応募お急ぎください。

2022.03.01

朝日友の会クラブオフ特別企画 おいしいコーヒーの初心者向けセミナー 開催!

朝日友の会クラブオフ特別企画「おいしいコーヒーの初心者向けセミナー」が
217日(木)、23日(水・祝)に、UCCコーヒーアカデミー神戸校で開催されました
前回から大好評いただき、2日間、計4回の開催となりました
今回もレクチャーくださったのは、藤井昭彦講師。
(前回の様子はコチラ

はじめに、コーヒー豆の違いや産地、焙煎法や特徴などを、スライドを見ながら講義を受けます
次に、自分だけのオリジナルブレンドを作成するために、8種類のコーヒーを飲み比べ、自分の好みを再確認
酸味、濃度、重さなど…比べると味の違いに驚きます
中には「ん…?」と、飲んでいるうちに違いがわからなくなる人も
実際に比べてみると、それぞれの特徴がよくわかります。
自分の好みが改めてわかるのは、新鮮です

コーヒーの抽出方法についても、細かく学びました
プロの淹れたコーヒーと自分の淹れたコーヒーを飲み比べると…
その差に愕然同じ豆なのに淹れ方次第で酸味が強く出すぎたり、濃度が変わったり、
まったく味の違ったコーヒーになることがわかります
コーヒーの奥深さを改めて感じる瞬間です
また、食べ物とコーヒーの相性についても、実際にお菓子をいただきながら体験。
お互いをおいしくいただくためのペアリング、大切です

今後も楽しいイベントを企画する予定です。お楽しみに!

藤井講師自らコーヒーの淹れ方を実践

上がプロの淹れたコーヒー。違いが…わかる?!

8種類のコーヒー。見た目はほぼ同じでも…

コーヒーを淹れるときははかりを使う!

2022.02.22

歴史的資産の保存について考える

グッズを購入することも多少の貢献にはなるでしょうか??

北京五輪が終わり、これから何を楽しみにすればいいのか…と思っているところに、更に残念なお知らせが!東京・日野にある土方歳三資料館が今年の10月末で一旦休館するそうです。理由は「個人での運営に限界を感じて」とのこと(土方歳三資料館公式ツイッターより)。
幕末に志士たちが集ったことで知られる、京都・清水にある明保野亭も2020年2月から休業しており寂しい限り。いずれも完全な閉館・閉店というわけではないようなので、復活を待ちたいところです。
幕末関連施設といえば、朝日友の会の提携施設だと、「霊山歴史館」、「角屋 もてなしの文化美術館」があります。霊山歴史館では現在「会津藩主・松平容保と新選組」が開催中。「角屋 もてなしの文化美術館」は2021/12/16~3/14までは休館期間なので、次の展示は3/15からです。直接運営に携わっていない者としてできることは限られていますが、歴史的資産の保存のためにも、展示施設に積極的に足を運ぶよう意識していきたいものです。
『会津藩主・松平容保と新選組』は5/15(日)まで開催。朝日友の会会員証の提示で一般が団体料金に割引になります(全員)。

2022.02.14

カーリング女子に癒されています

北京オリンピックが開催されており、毎日熱い闘いが繰り広げられていますが
私が好きなのが、カーリングの女子。
ルールも全く分かりませんが、ぼーっと観ていて癒されます。
技術とともに戦略も必要な大変な競技ですが
彼女達は、いつも明るく穏やかに競技しています。
よく聞こえるのが、彼女達の「ナイス~」「いいよ~」の声。
あまり思った通りにいかなくても 「大丈夫~」
そして、勝利した際には、輪になってピョンピョン。
仲間を信頼して、力を合わせて闘っているのがよく伝わります。
リンクの上での笑顔も多く、コロナで人の笑顔が見れない今、余計に嬉しい笑顔です。
彼女達の笑顔を見続けたいので、勝利し続けてほしいです。

2022.02.09

2/5(土)千住真理子 スウィート・バレンタイン トーク&リサイタル

「スウィート・バレンタイン」のタイトルに相応しく、あらゆる角度から愛や恋を表現してくれたコンサートでした。歌劇「フィガロの結婚」より”恋とはどんなものかしら” (モーツァルト)では浮き立つような恋心を、『夜想曲第20番 遺作』(ショパン)では悲しく切ない別れを、『愛のあいさつ』(エルガー)や『愛の夢 第3番』(リスト)では優しい気持ちに満ちた穏やかな愛を、それぞれ感じながら鑑賞できました。トークで弱音器(ミュート)についてのお話があったので、『ツィゴイネルワイゼン』では弱音器を外すタイミングを意識して観察することができ、興味深かったです。
アンコールは『愛の悲しみ』(クライスラー)と『アメイジング・グレイス』。しっとりとした雰囲気で終わった後は、数分前まで舞台で優雅に演奏していた人がもうタクシーに乗っているという、千住真理子名物ともいえる早業を見ることもできました。

公演チラシとプログラム

ブログ内検索

カレンダー

«5月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

フィード

To top